あばっばばばばば/(^o^)\

衝動に駆られた結果のブログ

--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメント投稿

非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

09
22

BlueLagoonを研究してみる①

基本的な確認事項。

研究と書きつつも単なる俺の私用メモ。

こんなクソデータでよければ見てね。

1H
pangya_000.jpg

3Wでの100%BSで打つ。
2打目は微傾斜、0.3Y~0,4Yくらい。

2H
pangya_001.jpg

基本的に1WBSか(結構難しい)1WBIで気合で入れる。
ここでパワー使ってもいいけど基本的に温存で。(風9とかの時は仕方ない)

3H
pangya_002.jpg

3Wの97%~6のBSで打ってラフに落とす、右側のフェアウェイもいいけどつかったことがない。


4H
pangya_003.jpg

アイアンで適当に落としてトマで決める、傾斜は0.4くらいか。


5H
pangya_004.jpg

1Wトップスピンで左側のフェアウェイにつける、そっからトマでチプ。
傾斜は0.4くらいか?


6H
pangya_005.jpg

距離も短いから気合で1WBI。


7H
pangya_006.jpg

フェアウェイ右側をトップスピンで、傾斜は基本的に相殺してるからあまりないと考えていい。


8H

pangya_007.jpg

ラフは無傾斜or微傾斜、自信があるなら無傾斜のバンカーへ。
距離さえ近ければバンカーから1WBI狙える。


9H
pangya_008.jpg

しるしの位置のフェアウェイとラフの境目がえろい。
結構苦手なので要チップ練習

コメント

コメント投稿

非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。